Follow by Email

Tuesday, 31 July 2012

London bridge

いつもtate modernに行く時に地下鉄の駅を利用するくらいだったLondon Bridge.
有名なBorough Marketがあり、ヨーロッパの中で一番高いビルThe Shardもここにあります。



今回はマーケットやtate modernとは逆側の通りを少し散策してみた。

Bermondsey Streetという通りにかわいいカフェやバーがたくさんあって、tateを見て、テムズ川沿いを歩いた後にちょっと一息するのにおすすめ。


昔は繊維工場や、革製品の工場、ガラス工房などがたくさんあったらしく、ビルも古くて可愛い物が多かった。


あの有名なギャラリーWhite Cubeもここにあります。イーストにある方には行った事があるけど、ここにもあったなんて知らなかった。

超好みの壁とサインも見つけた!すごーいシンプルなのにかわいい。

そして、今回は人がいっぱいで入れなかったこのワインとタパスのバー。
格好付けてないけど洒落ていて居心地が良さそう。
次にロンドンに行くときはここの偵察をしに行きたいな。


このパプに入ってみたけど、中にはかわいいタイルがはってあり、テラスもあるから夏に飲むのに最適な場所でした。ロンドンに住む友達に聞いたらここは結構人気店なんだそう。


Borough Marketで昼食を取り(グリーンカレーが超おすすめ!)テムズ川を散歩しながらtateへ行き、タワーブリッジなどを見た後、Bermondsey StreetのワインタパスバーJoseで軽く夕食を取り、その後何軒かこの辺りのパブをはしごする、というプランを次回ロンドンに来た時にはやってみようと思います。
またお気に入りのエリアが出来て嬉しい!


ところで、この日はちょっと女の子風にしてみた。
でも風でスカートがめくれて下着が見えると恥ずかしいからCOSのパジャマ用にと思って持って行ったギンガムチェックのショーツを下に履いてみました。
ロンドンって階段やエスカレーターの高さが他の都市に比べると高くて急。
スカートを履く時はレギンスや厚手のタイツを履いたりしないと気になって仕方が無かったのですが、ショーツを履いちゃえば怖い物なしですね。
という事でこの日のお洋服達はこちらです。


shirt: American Apparel
dress:Weekday
shorts:Cos
boots:Acne


Monday, 30 July 2012

スネイクスキンのバッグ

幅があってコロンとしたデザインがかわいく、バッグ自体にジッパーが2つ付いていて、バッグの中もちゃんと分けて物を入れられるのですっきり。
いつも『あれ?オイスターカードが無い!』とか『携帯忘れて来た。。』とかバッグの中で物が行方不明になってしまう私にはぴったり。
5年くらい前にベルリンのAcneで購入したワンピースに合わせてちょっぴり大人っぽいスタイル。



斜めがけが出来るバッグはラクチンだし夜遊びに行くときとか、旅行の時に役に立ちそうです。ロンドンに行く前にこれに出会ってたら良かったなー。

ところで先日グラスゴーのKing Tut'sという所で The Unwinding Hoursのライブを見てきました。お客さんがいっぱいで写真がぶれぶれで申し訳ない。。。

ボーカルのクレイグは心理学を大学院で学んでいて、会うととても興味深いお話をいつも聞かせてくれる。
彼の作る音楽も大好きだけど、彼の物の考え方とか見方などがすごく面白く、彼の書く歌詞も大好き!

ちょうどこの日、日本から音楽マニアのお友達が来ていたので一緒にライブを見に行ったけど彼らも気に入ってくれていたようです。

The Unwinding houesのレコードは大好きなChemikal Undergroundから出ています。
この曲は前にもブログで紹介した事があるけれど本当に良い曲。
8月末には2枚目のアルバムが出て、その後はヨーロッパツアーなんだそう。
グラスゴーでのライブも満員だったけど、彼らはドイツ、オランダでめちゃくちゃ人気が高く、ドイツなんかでは大きな音楽雑誌の表紙とかやってるらしい。
ライブでもそうでしたが、曲の始まりはとても静かできれいなのに、後半から盛り上がってダイナミックになる曲が大好き。
この曲はまさにそんな1曲です。次のアルバムのリリースまでもう少し。待ち遠しいな。




Sunday, 29 July 2012

都会のオアシス-Primrose Hill London

この間のロンドンではまた新しい素敵な場所を発見。
Primrose Hillと言い、リージェントパークのすぐ裏側ですが、丘になっていてロンドンが一望できるとても素敵な所。
この日とても暑かったけど、丘に登ると風が気持ちよく、まさに都会のオアシス。
寝転がってダラダラ。
Carin Westerのクラウド柄のレギンスを履いていたけど雲と同じ柄だ。


ここはカムデンの一部らしいのですが、この周りは高級住宅地になっていて、歩くと大きなお家がたくさん。素敵なお家を見つけるたびに溜め息が。いつかこんなお家に住めたら良いね。


そしてこの丘から15分くらい歩くとあの有名なアビーロードが!!
学生の頃、数ヶ月ロンドンにいたと言うのに、その当時はレコード屋さん巡りとライブに行く事しかしていなかったので、こういうマストな観光地に意外と行ってない私。
写真撮りたーい!と張り切っていましたが、ここは普通の道路で車がいっぱい通るので頑張って撮ったけど車入ってるー。。。

クロップしてみる。えー?これどこでも一緒じゃない??って感じ。oh well...(英語のまあいっかーって意味。)
でも英国を誇るビートルズに少し触れ、高級住宅地を見て回り、都会のオアシスで気分転換したら、なんだか自分ももっと頑張らないとーって思えた。
このエリアおすすめです。

この日の夕食はAngelにあるOttolenghiに行きたかったけど、行ってみたら満席で入れなかった。
なので、急遽何か近所で探そうという事で入ったのがCuba Libreと言うスパニッシュレストラン。

通りすがりで入ったお店だったけど、ここのスペイン料理はスペインで食べるのと同じ位美味しかった。
ここは結構広めのお店なので食事時だったのに待たずに入れたのも良かったなー。
この辺りにはかわいいセレクトショップもたくさんあるので、お買い物メインでロンドンに行く方にもおすすめです。


Thursday, 26 July 2012

Japan VS Spain

明日から始まるオリンピック。先日既にロンドンで少しお祭り気分を楽しんできましたが、今日はなんとグラスゴーにて男子サッカーの日本VSスペインが行われたのです!!!
私も行ってきました。
初サッカー、初オリンピック。
グラスゴーの中央駅もオリンピックの会場までの案内が出ていて、日本のサポーターの方もたくさんいました。
かわいいスペインサポーターも。
スペイン人のお友達と一緒に行きスペインサイドに座っていたので、日本人のサポーターの方達とは遠く離れた所。間近でどんな応援をするのか見たかったー。
安全の為にと会場に入る時すべての荷物をこのビニール袋に入れさせられました。
わかるけどこれってかなりもったいない。大きいからお家のゴミ袋にしちゃおう!という事で持ち帰りましたが、超無駄遣い。

そして本来スペインと言えば国旗は赤、そしてユニフォームも赤なんだそう。
だからスペイン人の友達はみんな赤を着ていて、私も一応日本のユニフォームを思い、ブルーのドレスを着ていったのですが、今回の試合ではスペインは水色、日本はネイビーのユニフォーム。
スペインサイドに座ってしまった私、その周りからすると、これはスペインの水色かな?と思われたようで、どっちを応援してるの?って周りの知らない人にもからかわれました。
でも日本がゴールを決めた時、私だけが立ち上がったら周りもみんな私に向かって拍手してくれた。ワールドカップ優勝国はなんだか余裕だな。
結局このまま持ち込んで日本が勝ちました!やったー。

先日、周りのスコットランド人に冗談でスペインに勝つよ!って言い回ってたらみんな苦笑いだったので、明日みんなに自慢するのがちょっと楽しみ!


結局一緒に行ったスペイン人の友達も最後あきらめモードに入り一緒に日本を応援してくれたよ。
わざわざ日本からサポーターが応援に来てるんだから勝たせてあげないとねと少し負け惜しみっぽかったけど、それでも嬉しいね!
応援どうやるの?って聞かれてどんな風にするのか全くわからなかったから『最高!(Psycho)』(本当はこんな言葉小さい子の前で使っちゃダメですね。。。)って教えてあげたら大うけでした。

最近ちょっとだけ暑くなってきたのと、毎日バタバタしていて家に戻ってメイクも落とす前にバタンキュー状態だったので、今日はCOSで買ったお気に入りのチェックのルームショーツを履いてゆっくり映画を見ながら眠ろうっと。

ルームウェアーを新調すると良い事がたくさん起こります(きっと思い込み。。。)
もしかしたらこのおかげで日本優勝しちゃったりするかなー?なんて。すると良いな。
頑張れ日本!!

MONKIの新作シューズ

メタリックなアクアブルーが素敵なMONKIの秋の新作シューズ


ACNEでブルーのメタリックのローファーがちょっと前に出ていた。
黒やベージュなど普段履く色ならちょっと良い物を!と思うけど、青だしメタリックだしー、なんて買わない言い訳を増やしてあきらめてたけど、常に頭の中にはあのローファーの事が。。。でもこんな素敵な靴に出会えました。

アクアブルーとソールのブラックのコントラストも好きだし、キラキラシャイニーな所もお気に入り。
合皮のエナメルっぽい靴は雨の多いグラスゴーでは大活躍!
これから履くのが楽しみ!

ところで昨日はmigでもおなじみのラフラの娘、ウナの10歳のお誕生日会でした。
私の小さな大切なお友達。

裏のお庭でガーデンパーティー。子供達は始終走り回ってた。


Birthday Girlのウナ(左)とママのラフラ。かわいい、大好きな親子。




子供達は夕方6時くらいにはみんな帰って行って、その後残った大人達の飲み会開始。
ウナはそんな中ブランケットを広げてお誕生日にもらった本を読んだり、得意な絵を描いたり。
私はCath Kidstonでパジャマパーティーに使える様なネグリジェをプレゼントしたのだけど、日が暮れてフラットに戻ってからすぐに彼女はそのネグリジェに着替えて私を喜ばせてくれました。
その頃私は既にシャンパンを飲んでいて写真を撮り忘れてしまったけどとってもかわいかったー。
結局1時頃までみんなでワイワイしていましたが、お誕生日という事でこの日は頑張ってウナもずーっと起きてた。



出会った頃はこんなに小さかった彼女がもう10歳。
帰る時に眠い目をこすりながら素敵なプレゼントをありがとう!って抱きついて来たときはもう泣きそうになっちゃった。これからも仲良くしてね!

Tuesday, 24 July 2012

London Olympic 2012

ロンドンオリンピックまであと3日。
街は既にお祭り騒ぎ。
タワーブリッジもオリンピック使用になっていてめちゃくちゃかわいい!


今回はこのオリンピック用に作られたテムズ川にかけられたケーブルカーに乗ってきました。
Royal VictoriaというDLR(モノレールの様な乗り物)の駅からこのケーブルカーは出ていてテムズを超えノースグリニッジまで連れて行ってくれます。
ちょっと街から離れているけど、BANKからもこのDLRは出ているのでそんなに不便ではなかった。
モノレールからはたくさんのオリンピック用の会場が見えました。

こういうサインを見るとテンションがあがってしまう私。。。



5分くらいの空の旅。

ロンドンの街が一望できます。
このケーブルカーは普段グリニッジに住む人たちの交通手段として作られた物なので、オイスターカードを持っていれば3ポンドで乗る事が出来ます。
ロンドンアイには乗った事が無いけど、あれは15分ほどで18、5ポンドもするらしいので、それに比べれば安く観光気分を味わえます。

そしてこのとっても不評なオリンピックのマスコットとも記念撮影。
誰がこれを作り、誰がこれを受け入れたのだろう?

どうしてもケーブルカーに乗りたいという私につきあってくれたのは、グラスゴーに住み始めた頃に同じ学校に少し通っていた友達。
その当時は貧乏学生だったのに、今はロンドンにある日本の銀行でばりばり働いているのです。普段はスーツでビシッとしてるのに、お休みの日はマッシュルームヘアーでかわいいなー。

オリンピック気分が味わえてとっても楽しかった。

この日はとにかく動きやすい格好をしました。
coat: TBA
shirt:MONKI
leggins:Carin Wester
boots:ACNE
bag:Alchimia

このMONKIのシャツはショップでも取り扱っていてお尻が隠れるオーバーサイズの物。薄いブルーだから夏っぽくて気に入ってます。
イーストロンドンのお気に入りのセレクトショップにこの格好で行ったら店員さんも同じ様に薄いブルーのデニムシャツに柄物のレギンス合わせてて、ちょっとおかしかったです。
ところでロンドンはオリンピック開催で他のヨーロッパの国からスリの犯罪グループがたくさん来ている様なのでこの期間中にロンドンに行く方はスリなどに気をつけてくださいね。





Monday, 23 July 2012

Dilston Grove - London

先週ちょっと用事があったのでロンドンに数日間行ってました。
いつものお決まりコースはもちろん、でも何か新しい発見もしたい!という事で今回訪れたのはテムズを超えた南側にあるDilston Groveというギャラリーに行ってみました。
セントラルロンドンからはLondon Bridgeまで行き、Jubilee lineでCanada Waterまで。
そこから歩いて5分のSouthwark parkと言う広い公園の中にあります。
公園に着くとサインがあちこちにあるので、広い公園だけどすぐにわかります。
ギャラリーまでの道のりにはまっすぐに伸びる並木道も。



かわいいレンガで出来た建物にロゴがかわいい。

入り口はガラス張りのこちらです。

今回見たのはSWANDOWNと言うジャーナリストの2人がベダル付きのスワンボートに乗り何週間もかけて旅行をしその中で出会った人や物の写真、そして30分ほどの映像が上映されていた物でした。

これが実際に使ったスワンボート。この手前に写真もたくさん展示されていて面白かったですが、何よりこの映像がとても面白くてすごくシュールな物の中に笑えるユーモアのある物で個人的にとても好きだった。

この日はEMONIのバッグを作ってくれているVivienがこのギャラリーに連れて行ってくれました。彼女のはからいでこの日閉まっていたもう1つのギャラリーの中も見せてもらえました。
ギャラリーの中は今切り替え中の工事の真っ最中という事で写真は撮れなかったけど、外はこんな感じです。

ペールグレーの壁にターコイズの門がかわいかったー。



お野菜やお花を作っている小さなお庭はこのギャラリーの人たちが管理していてるそうです。

オリンピック直前という事でごった返しになっているロンドンでしたが、ここは落ち着いていて大都市にいるのにゆったり出来て素敵でした。
また一つお気に入りの場所が増えて嬉しい。今度は行くときは公園の中をもう少しゆっくりしてみようっと。