Follow by Email

Friday, 30 December 2011

星モチーフのバレエシューズ

パリから戻った私はちょっとパリモード。
寒かったけれど、素敵なマダム達が素足にバレエシューズとかあわせてて、さすがパリだわ!なんて友達と盛り上がったり。
ショップにもとてもかわいいバレエシューズが登場。
星のてんてんがかわいい。
色は

そしても。


これはスウェードのリアルレザー100%なのです。だから履き心地が柔らかくてとてもよい。お値段はすごーくスモールプライスでレザーだなんて、これはお得です。

最近雑誌などでも良く紹介されていて人気のCHARLOTTE OLYNPIAの猫ちゃんフラットパンプス。
ファッショニスタの間で超話題になっていて、デザイナーのCHARLOTTEも少し大人っぽいドレスやトレンチコートにこのシリーズのパンプスはいていてかわいかったなー。

ALEXA CHUNGは真っ赤な90年代風のドレスにこのパンプスでちょっとだけドレスダウン。

今回紹介させてもらった星モチーフのバレエシューズもこんな感じでちょっとデザインの凝ったミニドレスなんかに合わせてみてもかわいいんじゃないかな?と思います。

ところで2011年もあと僅か。
今年の年末はとても慌ただしく、少し風邪をひいてしまったようで、やる事が山ほどあるのに、やりながらも作業はのろのろしてしまい、お家の掃除もまだ終わっていません。
ブログを読んでくださっている方達もきっと年末で大忙しだと思います。
今年もブログを読んでくれたり、商品を購入していただいた方、どうもありがとうございました。
来年も、ヨーロッパで見つけたかわいい物や、旅行で行った美味しいお店、おもしろエピソードなど色々紹介して行けたら良いなと思っております。
それでは皆様よいお年を。

Monday, 26 December 2011

Happy Holidays

I hope you are having happy holidays.
みなさん素敵なホリデイ過ごしてますか?クリスマスディナーは甘ーいスウィーツがたくさん、そして七面鳥や日本のお友達が作ってくれた唐揚げなどを食べました。


ジンジャーブレッドで作ったお菓子のお家。

お友達がカップケーキやを始めたので、今回のクリスマス用のカップケーキを注文。

姪っ子はとてもフォトジェニック。

七面鳥と、ポテトと小さなキャベツなど。

姪っ子へサンタが持って来たプレゼントの中にフェルトで作るバッグがあったので、みんなで作成中。大人が糸で縫う係。

ポーズも決まってます。なぜかおもちゃのメイクアップの口紅をほっぺにベタベタ塗ってた姪っ子。最近一緒に遊んでくれる様になりました。やっと慣れて来たのかな。







Saturday, 24 December 2011

Merry Christmas!

Wishing you a very Merry Christmas!! This beautiful card is designed by Vivien Harland (designer of EMONI).
メリークリスマス。皆さん素敵なクリスマスをお迎えください。
イギリスでは25日の昼からみんなで集まり、美味しいご飯をたくさん食べて、飲んで、1年の感謝の気持ちを込めプレゼントを交換します。
今日は最後のクリスマスショッピングとプレゼントのラッピングで大忙しです。
ところで、この写真のカードはEMONIのデザイナーのヴィヴィアンが作って送ってくれた物です。
手作りのとても素敵なカードで、EMONIワールドが伝わってきます。


Wednesday, 21 December 2011

Bonpoint tea room

One day in Paris, we went to Bonpoint for the lunch and cakes.
It is a concept shop with luxury fashion for kids, when I have my kids, I wanna dress them up with the clothes from here.
There is a tea room down stairs, the interior was very cute, I loved the lighting, also the kids chair, I will buy the pepper mint green one for my kid!!















日本でも良く知られているBonpoint. 上質な子供服をメインに取り扱っていて、お母さん達も着られるようなお洋服もあります。
とても素敵でいつか子供が出来たら絶対に着せてあげたいと思うような肌触りの良い物や、ディテールの凝ったデザインの物などが多かったです。
ナイティーで子供用だけど私も入りそうなサイズ感の物がとってもかわいかったのだけど、先日ナイティーは新調したばかりだったので、断念。
地下にはカフェもあるのですが、そこのチーズケーキが美味しすぎる!という噂を聞いてランチとケーキの為に雨が降る中テクテクと歩いてたどり着いた。
すべてフランス語のメニュー。またしても何がなんだかさっぱりわからん、という事で隣の男性が食べていた物を指差してあれを、と。
出て来たのが、チキンとインゲンのランチ。チキンはお醤油も入ったようなアジア風の味付け。そしてなんとサラダの部分に大根が入ってた。
いつぶりの大根だろ?美味しすぎて一瞬時間が止まった。
これは絶対にまた食べたい。
そしてお待ちかねのチーズケーキ。しーっとりとしたレアチーズケーキ。
一緒に行っていたお友達は元々お菓子を仕事で作っていたのだけど、このケーキは本当美味しくて、こういう食感を出すのは難しいんだよ、といわれ、ますます感謝しながら一口一口噛み締めました。
インテリアがとにかくかわいすぎ。一番のお気に入りはパステルカラーの子供用の椅子。
ペパーミントグリーンが一番好きかな。
いつもスコットランドの人とパリに行っていたので、やはりあまり食には関心が無く、今回は日本のかわいい物が大好きで食べるのが大好きという女の子と女子2人旅だったので、思いっきりガーリイを楽しめました。
とてもゆったりとした少し雨降りの午後、素敵なカフェでゆっくりとした素敵な時間を過ごせたのでした。


パリから戻ってからパリの影響を受け、そしてあまりグラスゴーが寒くないので、最近はレペットのこの靴を愛用中。ぴたっとなりすぎるのが嫌+ウールのソックスやタイツを重ねて履く事から普段のワンサイズ上を今回は新調し、今また個人的にレペットブーム。この靴はショップにアップするとすぐに売れるアイテム。日本では買いにくいからだと思いますが、やっぱりかわいい。明日も雨が降らなかったらこの靴を履こう。










Tuesday, 20 December 2011

パッチ付きのリブニット

このニットを見た瞬間キャー!ってなってしまったかわいいリブニット。
女の子らしいキャメルカラーにスウェードのパッチとサイドのポケット。
しかも大好きなリブ編みときた。
少しゆとりはあるけど、いい具合にジャストフィットで着られるところが好き。
明るめの色だし、お花見の頃のちょっと寒い!って言う季節まで着られそう。
スウェーデンに比べるとフランスはパッチ付きのニットを着てる人が少なかったなー。
男の人とかボーダー着てる人たくさん見た。
このパッチ付きのニットをお求めの方はこちらから。

ところでパリのコレットのショップフロントかわいすぎるー。









Monday, 19 December 2011

パリは危険。

ブログやネット上で怖い話などはあまりしたくないのですが、冬休みにヨーロッパに旅行に行く方などが多いと思うので参考になれば、と言う事でここに書かせてもらいますね。

今回のパリ旅行、クリスマスショッピングシーズンで街はイルミネーションでエッフェルタワーもこんなにきれい。

なのに、今回は2日目にすりに遭ってしまいました。
パリは今年だけでも既に7回目、通算ものすごい数訪れていますが、こんなの初めてでした。
真っ昼間のオペラ。日本人の観光客なら絶対に訪れる場所。ブックオフで日本の本が欲しいし、日本のスーパーマーケットにも行きたいという事で歩いていたら、いきなりジプシーの女の子達7、8人からこれにサインをしてくれ!という感じでまとわりついてきました。
ヨーロッパではチャリティーみたいなので、街の至る所でサインをしてくれ、とか契約してくれ、というお願いをされますが、今回はものすごくしつこかった。
手を持たれたり、べたべたして来たり。
そしてそれを振り払おうとしている際にバッグのファスナーを開け、お財布を抜き取り、現金だけを取り、そしてぽーんとお財布を落として行ったのです。

そして見事だなと思ったのが、ユーロ紙幣だけ数百ユーロ、きれいに抜き取っていた事。
ポンドも持っていたのですがそれには触れず。しかも初日だったせいでお金を下ろしたばかり。いくらカードが使えると言っても、地元っぽいカフェとかだと現金のみのところもあるし、一応、みたいな感じで、おろしたお金をキャッシュで1つのお財布で持っていたのも悪かったけれど、まさか子供達がそんな事をするとは。
カードなどはすべてきっちり残っていたので、そこまで大事にはならなかったけれど、とにかく気分が悪い。
子供達を追ったところで、現金なので自分の物という証拠も無いし、何かされて怪我したりすると怖いので、そのままに。
とりあえず無事だったので、大きなチャリティーをし、彼女達が数日間お腹をすかせずに過ごせるんだ、と思うしかなかったです。

そして、もう1度地下鉄の中でも今回すり未遂が。メトロ1はいつも超込んでいるのですが、そこで両手に荷物を持っている間にお腹の部分がごそごそするな、と思っていたら、やはりバッグをあけてお財布を出していたのです。たまたま気がついて、すぐにバッグを持ったので、大丈夫でしたが、相手のジプシー風の女の子の目をじーっと見ても、何事も無かったかの様に知らんふり。親玉風の18歳くらいの女の子と何かやり取りした後次の駅で降りて行きました。

様々な手口があるので一概に言えませんが、今回は2度ともジプシー風の子達。(子供なので警察に突き出したところで罪に問えないようです)
オペラで遭ったのは難民風。地下鉄で遭ったのは普通の子でした。
もちろん見かけだけでは判断できない事もあるけど、今は子供の犯罪が増えているような気がします。
イルビゾンテで売っているような首から掛けたり、ポシェットになるタイプのお財布をコートの下に付けておいてファスナーを常に閉めておくとか、コートの内側のポケットに大事な物はすべてしまい込むとか。きっとそうする事が一番安全だと思います。





でも数日考えて思ったのが、もしかしたらKate Sheridanの巾着バッグみたいな、バッグを開けると、持ち手の部分がキューっと短くなるようなバッグのデザインだったら子供達のスリからは守れるかもしれないなと思いました。
ファスナーの物に比べると少しバッグを開けたりするのが難しいかもしれないし、気がついてぱっと手を置けば子供の場合そこから無理をしてスリをする事は無いと思います。
これで肩からかけたらひったくりもあいにくいかと思うけれど、ひったくりの場合、下手に抵抗して怪我をするよりは、そのままにしておいた方が良いのかもしれない。

イギリスでは政権が変わってから外国人の受け入れが一層厳しくなりました。
遊びにくるだけでも、以前何か少しでもオーバーステイしていたり、6ヶ月以内にもう1度戻って来たりするだけでも、目をつけられ、そのまま帰国させられる事があります。
以前は私もレコーディングやライブでイギリスに旅行者として来た事がありましたが、今はそんな事は絶対に不可能。
楽器があり、自分のCDでも荷物に入っていよう物ならその時点でお金が発生するんだという事で48時間ほど拘束され、そのまま帰国させれれます(昨日アメリカ人の友人がそれで帰国決定)。
なので、海外に出てイギリスに戻ってくる時はこちらのIDカードが無いととても不便。

今ヨーロッパは本当に経済が悪く、失業率も高く、外国人にまで仕事が回せない、そしてその結果、犯罪が多くなってしまっている事もあると思います。
今までイギリスのやり方に対して、私もイギリスでイギリス人と同じ税金を払っているのに、ベネフィットはもらってないんだから、あなたの国に損はさせてないでしょ?という反発的な気分でしたが、こういった被害があると、その規制をしている事も正しいのかと思えてきます。

こんな話はさておき、パリはとてもきれいだし、着飾ってお食事したり出来る場所がたくさんあるのに、それより先に安全第一、みたいに考えていつも行動しなくちゃ行けないなんてとても悲しい。
でも、これからパリを始めヨーロッパを旅行される皆さん、気をつけてくださいね。
今回はこんなトラブルもありましたが、それをのぞけばとても素敵な時間ばかり。
なので、行く前から心配していても始まりませんが、日本とは全然違うので、とりあえず何か怪しい人たちがいると思ったら、すぐに逆方向に歩いて行くなどして近づかない様にしてくださいね。

Sunday, 18 December 2011

Jacques Genin Paris

I had a best mille-fueille at Jacques Genin in north Marais Paris. 
Jacques Genin opened this store/tea salon in 2009, gorgeous and really chic, he was named one of the top chocolatiers in 2010. 




I bought these caramels for the souvenirs.


フランスのトップショコラティエとしても有名なJacques Geninのサロン兼ショップに行ってきました。北マレにあり、お店を色々回った後、ちょっと疲れたなーと思った時、パリでは珍しいとてもゆったりとした空間と、お菓子を楽しめる場所。
店内はとても高級感漂うデザインで、夢のような時間を過ごせます。
私はおすすめと言われるミルフィーユを。このミルフィーユ、生地はサクサクで少し苦みがあり、バニラビーンズの入ったカスタードとの相性が抜群。
出されたお水も海洋深層水のようで、なるほど。と言った感じ。
パッションフルーツのチョコレートも頂きましたが、これは少しこしょうが入っていたのかスパイス的な味に、パッションフルーツのさわやかな味が混ざり、とても美味しかったです。
食べている時に、Jacques Geninご本人が常連のマダムへチョコレートの入ったボックスを持ってショップの方におりてきましたが、また工房へと戻る途中に目が合い、ボンジュールとさりげなく言ってくれ、それも嬉しかった。
帰りにはちょっと長持ちしそうな生キャラメルをお土産として購入。グラスゴーにこういったスウィーツをわかってくれる人はいなさそうですが、まあそれはそれで。
パリは街もきれいだし、何より美味しい食べ物がたくさんあるところが嬉しい。やぱりこの時期は寒いのでたくさん、たくさん重ね着をしていますが、この日はアメリカンアパレルのロングスリーブのボディコンタイプのミニドレスの上からMONKIレザーパッチデニムシャツを着て、また上からアメリカンアパレルのざっくりニット着て、スカーフもぐるぐる巻き。
MONKIレザーパッチデニムシャツは肘に付いたパッチがかわいいので、1枚で着たいなーと思って購入した物。
室内にいる事が多い時はロングスリーブのT−シャツの上から合わせたりしてパッチを目立たしていましたが、今回寒さ対策の為にニットの下に着る事が多かった。
このデニムシャツ、ちょっと厚手のせいかかなり暖かくて、ガタガタ震える事が少なく満足。この冬かなり着そう。
Thomsen Parisでジャケットを試着する時にニットが分厚すぎて肉マンマンの様になってしまい、ニットを脱いで試着。
とその時にパッチ付きのデニムシャツになり、愛想が悪そうだった超かわいい店員が寄って来て、そのシャツ超クール、と一言だけ言ってレジへ戻って行った。まあその言葉でちょっと嬉しくなってヘアーバンドを自分用に購入。あれー、これって家族用のクリスマスショッピングを頼まれて来た旅行だったはずなのに気がつけば自分の物を買い、そして美味しい物ばっかり食べてるような気が。。。


Friday, 16 December 2011

Cheese Fondue

We went to Le chalet savoyard in Paris last night, and had cheese fondue(it was first time for me, I never really liked cheese before I moved to Glasgow.)
Menu was in French, we wanted cheese fondue for the main for sure, but we didn't know what to get for the starter, we just pointed something,
???


what we got for starter was potates with blue cheese! cheese cheese, and more cheese.
We thought we ordered a bottle of white wine, but what we got was champagne...





Oh well, I love those happenings when I travel!



I wore my favourite dress from WEEKDAY!
昨日の夜はホテルの近くのチーズフォンデュを食べに行きました。
きちんとチーズフォンデュを食べるのは初体験。グラスゴーに来るまではチーズが苦手だったけど、やっぱりフランスはチーズとワインでしょ!と言う事で。(でも行ったのはスイスレストランでしたが)
フランス語のメニューしか無く、何がなんだかわからず飲み物はこれを、前菜はこれ、メインはチーズフォンデュを!と。
そしてなんとスターターとして頼んだ物も芋にチーズがのったもの。
この時点でもうフォンデュを食べた気分。そしてワインと思い頼んだ物はシャンパンでした。
まあ、こういうトラブルがあるから旅は楽しい。
でもいっぱいチーズ食べて大満足。チーズ自体もおいしかったし、フォンデュ用のガーリックの揚げたバゲットもめっちゃ美味しかった。
こりゃ満足。
この日はWEEKDAYのドレスを着た。このドレスはマントみたいに袖がなっていて大のお気に入り。

Christmasy in Paris

I am in Paris for the christmas shopping!! funky rock christmas tree in a Galeries Lafayette.





Merci's got a christmas decoration as well!

Trunks from Merci, using liberty fabric.

ただいまパリでクリスマスショッピング中。ラファイエットではファンキーなクリスマスツリー。Merciもクリスマスデコレーションになっててかわいい。
自分の下着などを入れる様にリバティーとのコラボのトランクを購入。
あー、自分の物だけ買ってしまった。今日、明日は気合いを入れてクリスマスショッピングをすべて終わらせようと思う。


ところでクリスマスっぽい個人的に超お気に入りのセーター。
モヘアのホワホワのニットにブラックの細かいスパンコールがいっぱい付いてる。

背中の部分がシースルーになってる切り替えがかわいいニット。ちょっとお出かけにも着れそうなきれいめニット。Vネックになっていて、シャツをインナーに合わせるにもぴったりと、ちょっと計算された素敵ニットです。
ニットの購入はこちらから。

Sunday, 11 December 2011

Hrafnhildur Halldorsdottir for mig





New bag and purse from Hrafnhildur Halldorsdottir! 
An oversized bag and matiching purse. Made using heavy cotton with a geometric pattern.

I travel quite a lot and it can easily fit in your suitcase.

This is my main suitcase from RIMOWA. I've had it for over 10 years. I 've also got a smaller black and red one with the same design. A few years ago they changed their design slightly but I love the old design better.
I have my next trip coming up soon, I will definitely be use this along with my Hrafnhildur Halldorsdottir's new bag and purse!!

お友達のHrafnhildur Halldorsdottirが新しいバッグを作ってくれました。グラフィックデザイナーで週に2、3度グラスゴーのクラブやバーなどでもDJをする彼女。
アイスランド人で中学生の時にデンマークに移住した彼女のデザインはいつも北欧らしいスタイルでとても好き。
今回はヘビーコットンのジオメトリック柄のモノトーンのオーバーサイズバッグとゴールドのジッパー使いがかわいいポーチのセットです。
今回の物は作りもしっかりしていて、荷物をたくさん入れられそう!

旅行に良く行く私はこういう折りたたみんで小さくできるバッグをいくつかスーツケースに入れて行くのがルールの様になってます。
こういうバッグを旅先で探している時ってなかなか出会えなかったりするんです。(時間にも限りがあるし)

ずーっと使ってるのがRIMOWAのスーツケース。
これは持っている中では一番大きいサイズの物で、これ以上になっちゃうと多分自分で運べない。
通常サイズのブラックと小さめのレッドも同じデザインで持っているけれど、このデザインが一番すき。10年くらい前のデザインで色も今の物に比べてちょっとマットで、車輪の部分とかちょっと違うんです。
軽くて丈夫でとっても便利。
次の旅のプランももうすぐなので、その時にこのHrafnhildur Halldorsdottirのバッグとパース持って行こうと思ってます。
こちらのバッグ、ポーチのセットを購入したい方はこちらから。